仕事前の流れ

カップを持っている女性

バイトとして、デリヘルを選択する女性が増えています。
これはデリバリーヘルスの略称で、男性客のいる自宅やホテルといったところに出向き、ヘルスサービスを行なっていくという仕事になります。
目的地に行くときの送迎は、お店側が行なってくれるところが多くなっています。
店舗内での運営はされていないものなので、面接をするときにもカフェや喫茶店といったお店で行なうことがほとんどです。
全国各地にあるので、どこの地域に住んでいても働くことが出来ます。
若い年齢層のものや中高年、中には熟女メインのものまで様々です。

デリヘルのバイトをするときには、そのお店の経営年数やバック率の高さ、時給といった部分を調べる必要があります。
また勤務している女性の数が多いところは、それだけ常連客も多く、経営が上手くいっている証拠なので、そういったところを選ぶのもいいでしょう。
さらに、そのお店のスタイルが自分に合っているのかどうかも確認しましょう。
熟女や人妻専門、高級なところやコスプレ専門など、お店によってコンセプトが異なります。
これら全てを確認して、問題がなさそうなところに応募しましょう。

面接をしてからデリヘルとして働き始めますが、まずは体験入店から始めていきます。
初めに講習や研修用の資料や映像を見て勉強して、実際に男性客にサービスを行ないます。
体験入店で仕事が続けられると判断したら、本入店となります。
本入店が決まったあとに、プロフィール用の写真の準備がはじまります。

このエントリーをはてなブックマークに追加